1. ふるさと企画 TOP
  2. 里山で探す
  3. 三重県(名張市)
  4. 三重県名張市

山里で探す

三重県(名張市)の物件
三重県名張市 <MN-1> 応相談 特選 オススメ 売約済

◇◇◇新築 伝統工法建築・建物販売◇◇◇
◆◆施工 事例・実物ご見学出来ます・平屋建(名張市)or二階建(名張市・施工進行中)◆
■地元腕利き宮大工DNA新築100㎡~ 坪単価@70 厳選 国産木材使用■

◆◆ Facebookふるさと企画 ★民家販売・再生実績も是非ご覧下さい ◆◆

伝統工法住宅のメリット
開放的な住まいがつくれる
開放的な住まいがつくれるのは伝統工のメリットです。

湿度の調節機能も装備
伝統工法住宅には、湿度調節が装備されています。

空気の浄化作用もある
伝統工法には、優れた空気の浄化作用もあります。

地震に対する免震効果
伝統工法には、地震に対する免震効果があり、地震に強いのです。

100年以上の耐久性
100年以上の耐久性がある之jは伝統工法だけです。

化学製品を使わない自然の家
化学製品を使わない自然の家、それが伝統工法住宅です。

日本の伝統工法とは、日本古来の木造の作り方です。
古いものでは1300年以上昔に建てられた法隆寺が有名ですが、しっかりした作りの民家にも200年程度経過している建物が残っているのです。
伝統工法とは、日本の風土に適した、木材の特徴を最大限に生かすことができる住まいの作り方ともいえるのです。

差し鴨居や足固めなど、構造の強度を確保する部分が目立たないので、開放的な住まいを作ることができます。
漆喰や土壁を使用すれば、現代でも話題となる湿度の調節機能や空気を浄化作用もあります。

地震や台風の際の建物自体の揺れは大きいのですが、変形しても構造の強さが落ちにくいので、粘り強い構造なのです。大工や左官等の伝統技術,梁(はり)や柱を加工して木を互いに組み合わせることにより骨組みを構成します。金物はほとんど使用しません。昔ながらの長ほぞ、込み栓、楔(くさび)だぼなどで固定します。
伝統構法では壁量に頼らず、構造架構そのもの、すなわち 『木組み』そのもので家を建てて行おうということであり、壁に力を求めない、いわば壁はパーテーションであり、それよりも大きな木を力強く組み合わすことによって、耐力を生み出すということがと伝統構法いえます。また貫(ぬき)という木を柱を貫通させることにより、土壁を塗るための竹を固定すると共に、柱と壁をしっかりつなぐ役割を果たします。木組みと貫そして土壁が地震に対して粘り強さを発揮するのです。

平成15年12月9日国土交通省告示第1543号の改正で、昭和56年建設省告示第1100号として、土塗壁、落し込み板壁、面格子壁の壁倍率が規定されました。従来土塗壁は壁倍率が0.5倍だけでしたが、改正により壁倍率1.0倍、1.5倍の仕様が加えられました。 土塗壁の壁倍率1.5倍は、筋交い30mm*90mmを入れた壁と同じ倍率になります。

現代の技術おいては、弱点である断熱性の低さも解決出来ています。


Retoro modan specification Kominka 🍃


🎼 Retoro modan specification Kominka 🍃


Retoro modan specification Kominka 🍃


写真・間取り図・区間図

平屋建(名張市)の間取図

平屋建(名張市)の間取図

二階建伝統建築工事中です。

二階建伝統建築工事中です。

物件情報
所在地 三重県名張市 価格 売約済
土地坪数 - 母屋坪数 -
取引態様 仲介 物件内容 新築 伝統工法 プラン
交通
土地
建物
生活施設
設備
特徴
コメント
評価
建物全体の評価
  1. ふるさと企画 TOP
  2. 里山で探す
  3. 三重県(名張市)
  4. 三重県名張市